季節の言葉
二十四節気 すい 2/19~3/5

冷たい冬の雪が、暖かな春の雨に代わり、雪解けが始まる頃。昔は「雨水」の頃を目安に、冬の間休んでいた農作業の準備を始めていました。現代では、年度末のシーズンを控えている方も多いかもしれません。3月3日は「桃の節句」。縁起物のちらし寿司をいただいて春の訪れを楽しみましょう。

季節を感じる旬のもの

蛤(はまぐり)、春キャベツ、菜の花

沈丁花(じんちょうげ)

美容アドバイザーの
メッセージ

そろそろ気分も装いも軽やかに、春服や春メイクをチェックしたくなるころ。ファッションやメイクを楽しむためには、保湿ケアをきちんとして、肌をなめらかな感触にしておきたいわ。乳液をつけると適度な油分を与えて角層の水分が蒸発するのを防いでくれるの。丁寧になじませるだけでもなめらか肌になるのよ。手軽にできていいわね。(編集長レイコさん)

季節の言葉・二十四節気

Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方