キレイの敵は「美容の三悪」!
〜夏の紫外線対策編〜

「美容の三悪」ってご存知ですか?
三悪とは、肌の美しさに悪影響を及ぼすと言われる三大要因、「紫外線」・「寒気」・「乾燥」のこと。特に影響が大きいのは夏と冬。ますます暑さが厳しくなるその前に、夏の三悪対策を万全に! 前後編の2回に分けて、気をつけたいポイントと、すぐ実践できるライフスタイル別お手入れ方法をご紹介します。

前編は「紫外線」を特集! 自分のライフスタイルに合わせた対策で、夏もキレイ肌で過ごしましょう。

気をつけるべき紫外線は2種類!

美肌のために気をつけたい紫外線の種類は「UVA」と「UVB」の2つ。
海やプールなどで、長時間陽に当たった時に肌がほてったり、赤くなったりするのは「UVB」が原因。
一方、「UVA」は、肌の弾力やハリを奪い、深いシワやシミを作る原因に! サンカット効果のある窓ガラス以外は透過してしまうので、車の運転中や、テラスや窓際にいるだけでも、日常生活の中で知らず知らずに浴びてしまうので要注意

「SPF」と「PA」、なにが違うの?

日焼け止めのアイテムのパッケージでよく見かける「SPF 50」や「PA+」などの表記。それぞれ何を意味するかご存知ですか? 違いを知って、効果的な日焼け止め選びのヒントにしましょう。

SPFとは

ほてりや赤みを引き起こす「UVB」を防ぐ効果の指標のこと。

SPF値が高いほど「UVB」の紫外線防止効果が高く、SPF 50以上は「SPF 50+」と表示されます。

PAとは

シミやシワの原因になる「UVA」の防止効果の指標のこと。

防止効果の程度は「+」〜「++++」の4段階で、「+」が多いほど防止効果が高くなります。

あなたは何派? ライフスタイル別日焼け止め選びのコツ

自分のライフスタイルに合わせた紫外線予防効果があるアイテムを選ぶのが、日焼け止め選びのポイント。

インドア派の方

  • オフィスではデスクワークが中心
  • 外出するのは買い物か洗濯物を干す時ぐらい
  • アウトドアより室内でのんびりするのが好き

<コレを選ぼう!>

生活紫外線を予防してくれるタイプの日焼け止めがオススメ。SPF 10〜20ぐらい、PA++が目安です。シミやシワを積極的に防ぐには、さらに防御力の高いものを使用することが効果的。

部屋の中にいても、窓際では知らず知らずに紫外線を浴びていたり、日常生活で浴びるわずかな紫外線でも、長時間浴び続けると肌への悪影響に。日常的に日焼け止めをつける習慣をつけましょう。

アウトドア派の方

  • 営業など外回りの多い仕事
  • ウィンドウショッピングやピクニック、休みの日は外出したい派
  • アウトドアやスポーツでリフレッシュ

<コレを選ぼう!>

強い紫外線を浴びるアウトドアでは、レジャー用の日焼け止めが効果的。SPF 30以上、PA+++以上を選びましょう。

アウトドアでは、生活紫外線用の日焼け止めではカバーしきれない紫外線を浴びることになるので、シーンに合わせてしっかり使い分けが肝心です。

実践アドバイス! 紫外線から肌を守るための3カ条

日焼け止めの効果を最大限に引き出して、効果的に紫外線から肌を守るための3つの実践的なアドバイスをご紹介します。

1.日焼け止めはたっぷりムラなく

日焼け止めは薄く伸ばすのが一番NG! 塗り残しのないように、肌全体にたっぷりとムラなくつけるのが紫外線対策の基本です。

2.汗をかいた後の塗り直しが大切

日焼け止めは汗とともに流れてしまったり、汗を拭く時に一緒に取れてしまったりすることを意識しましょう。ムラになった部分に重ね塗りすると、余計にムラが広がってしまうので、一度取り除いてつけ直すのがベスト。顔の場合は、ティッシュで軽くメイクオフしてから、日焼け止め効果のある下地を薄くつけ直してファンデーションで仕上げをするとキレイに仕上がります。

3.紫外線予防に効く食べ物、NGな食べ物

日焼け止めで外から肌を守ることに加えて、体の中から紫外線対策を! メラニンの生成を抑制したり、肌へのダメージを抑えてくれたりする栄養素βーカロテンやビタミンC、ビタミンEを積極的に摂るように心がけましょう。
ササッと作れるゴーヤチャンプルーや、作り置きもできるパプリカのマリネ、レンジでチンしてすぐいただけるブロッコリーなど、自分らしく楽しみながら“食べて”紫外線対策をしちゃいましょう。
一方、カフェインを含むものや、メラニンの元となるチロシンを含むチーズなど、摂りすぎに注意したい食品もあります!

【紫外線予防に効く食べ物】

β-カロテン:
とうがらし、ニンジン、紫蘇、モロヘイヤ、ホウレン草、パセリ、バジル
ビタミンC:
赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、レモン、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワー、キウイフルーツ、ネーブル
ビタミンE:
アーモンド、落花生、イクラ、鰻

【摂りすぎに注意したい食べ物】

大豆、チーズ、たらこ、しらす干し、コーヒー、紅茶、緑茶


自分のライフスタイルにぴったりの日焼け止め選びと、日々の食生活で紫外線対策も万全に。日焼け止め成分の入っているファンデーションや下地も活用して、日々の生活の中から日焼け対策に取り組んでみてください♪スキンケアは美白タイプに切り替えるのもオススメです。

オススメのアイテムはこちら

カネボウ
グローバル スキン プロテクター

DEW
UVデイエッセンス

アリィー
エクストラUV ハイライトジェル

Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方