目指せサラツヤヘア!
美髪を叶える「乾かし方」

4月がスタート、気温と湿度は初夏に向かってますます上昇中です。花粉が髪にも付着していたり、暖かい陽気に汗ばむシーンが増えてきたり、春先のヘアケアでは髪の汚れをすっきり洗い流すことが超重要です。
ですが、ここで終わりではありません! 美髪の鍵をにぎるのが最後の仕上げの「乾かし方」。サラサラツヤツヤヘアを作る乾かし方を、この機会に改めてチェックしてみましょう。

洗い方のポイントはこちら!

夏もすっきり!“落とす”ケアの徹底見直しで夏の美髪を手に入れよう!

自然乾燥&濡れたままはNG!

「時間がかかり面倒」 「ドライヤーは髪が傷みそう」と自然乾燥を選んでいる方もいらっしゃるかもしれません。でも、髪は濡れている時が一番デリケート! ダメージを受けやすく、髪の傷みやパサつきの原因に。洗ったらすぐにドライヤーでしっかり乾かすことが、美髪への近道です!

ここがNG!

見た目にNG!

自然乾燥をすると、毛流れが揃いにくく、髪の毛のクセやうねりが目立ちパサついて見えます。また、髪がきちんと乾いていないと、寝グセもつきやすい!

髪の健康にNG!

髪が濡れている時は、キューティクルが柔らかく開いた状態。髪の栄養分が逃げやすく、剥がれやすくなっていて、枝毛・切れ毛の原因に。紫外線の影響も受けやすく、髪色が明るくなってしまうことも。

美髪への近道はヘアドライにあり

逆を言えば、キューティクルがあれば健康な髪をキープすることが可能! 枝毛や切れ毛が少なくなれば、指通りもなめらかになり傷みにくくなるので、毛流れも揃って見た目にも髪の健康にもいい状態がつくれます。目指すは美髪! 正しい髪の乾かし方をマスターしましょう。

目指せ!美髪の定義

  • ツヤがある
  • サラサラしている
  • ハリ・コシがある
  • パサつきがない
  • 枝毛・切れ毛がない

ドライヤーでの髪の乾かし方

1.頭皮と髪の間に風を入れて乾かす

タオルで髪を包み込むようにやさしく叩き、水気を取ります。次に頭皮を中心にタオルドライします。根元の毛を起こして髪の間に風を送るようなイメージで指を動かしながらドライヤーをかけます。
分け目に関係なく左右上下に毛の流れを変えながら、根元をふんわりと乾かすことを意識。

※濡れている髪を整えるときは、目の粗いブラシやくしで整えます。

2.毛流れを整える

おおまかに髪が乾いてきたら、根元から毛先に向かって毛流れを整えながら髪全体を乾かします。鏡で見えにくい、髪の重なりが多い部分(前髪の生え際~耳の後ろ~後頭部)は乾かし忘れやすいので特に注意! 仕上げに冷風を当てるとヘアスタイルの持ちがアップしますよ。


暖かくなってくると、お風呂上がりに髪を濡れたままにしがちですが、それだけで髪には負担がかかっていたんです!
キレイに洗って、しっかり乾かすサイクルで、サラツヤ美髪をキープしていきましょう♪

オススメのヘアケアアイテムはこちら

リクイール
トリートメントヘアウォーター

リクイール
グローヘアオイル

Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方