ちょこちょこ食べは疲労を助長?!疲れ知らずの体をつくる

仕事で疲れて、アフターファイブを楽しむ余裕がない、という事はありませんか。余暇を目一杯楽しむことは、心の健康にもつながります。疲れにくい元気なからだをつくる食コンディショニングで、春から新たなことにチャレンジするのもいいですね。(管理栄養士 小島先生)

疲労回復のために食事で心がけることは?

疲れがとれない時、食事面でどんな対策をとりますか?栄養ドリンクを飲む? スタミナのつきそうながっつりご飯を食べる?
どれも疲労回復に役立つとされることですが、根本的に体調を改善するためには「何を食べるか」の食品や食卓レベルを整えるより前に、「いつ、どう食べるか」の食生活レベルを整えることが重要なのです。

食生活レベルはまず、3食を規則正しくきちんととることを心がけて。食事の時間がずれてもできれば1時間以内で調整しましょう。規則正しい食事によって血糖値の上昇と下降のリズムが保たれるので、代謝がスムーズになり、体調もよくなります。

1回の食事をおろそかにして食事を抜いたり、少なくして間食をちょこちょこするのは、実は疲労感を助長するので要注意!

眠気やだるさを感じにくくするには、どう食べる?

お菓子や甘い飲料は吸収の速い糖質が多く、血糖値を急激に上昇させます。また、欠食して空腹が長引いたところで食事をしても、同様になります。

すると、上がった血糖値がぐっと下がるタイミングで、眠気やだるさを感じやすくなるのです。また糖質を代謝するために、大量のビタミンB群を消耗することにもなるので、これも疲労感を増す要因になります。

糖質+ビタミンB群、多種ビタミンを補給できて、お腹が満足するエネルギー充実のレシピを紹介します。

貧血予防と美肌作りに!ほうれん草と豚肉のスパゲティ

豚肉に豊富なたんぱく質とビタミンB群は皮膚や筋肉の素となり、ほうれん草のビタミンCが身体に抵抗力をつける、丈夫な身体作りにお勧めのメニューです。

豆腐をじゃがいもに変えてビタミンCを補給!麻婆じゃが

麻婆豆腐の豆腐に比べてじゃがいもからビタミンCを多くとることができます。またじゃがいものビタミンCはでんぷんに保護されて損失が少ないので効率よく摂ることができます。

食物繊維たっぷりで女性に嬉しい豆カレー。ビーンズドライカレー

便秘予防の必須栄養素「食物繊維」をサプリメントに頼らず豆類やきのこからしっかり補給するメニュー。この一皿で1日にとりたい食物繊維量の約半分以上とることができます。作り置きで、忙しい日も大活躍。


今回、教えてくれたのは

管理栄養士 小島美和子先生

Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方