おしえて名越先生!30代はたらく女子のお悩み相談所

暑かった夏も終わってホッと一息。過ごしやすい季節の秋に気分がウキウキしている方も、夏の疲れがたまってちょっとお休みモードな方も、毎日全力投球な皆さんのために、スマコネが特別お悩み相談所を開設!
女性誌での連載や、働く女性のカウンセリングを多く経験されている精神科医の名越康文先生をお招きしました。先生のご実家はなんとカネボウ化粧品も取り扱う『ナコシ化粧品店』!なんとも素敵なご縁です。

当時の貴重なお写真を名越先生からお借りしました!

スマコネ編集部のアラサー3人組が、皆さんに代わって、30代女子のお悩みを、名越先生にぶつけます。

スマコネ編集部C

スマコネ編集部C家に帰るとヘトヘトで、あまり自炊が出来ていないのが悩み。口癖は「ねむい…」。韓国アイドルのライブに行くのが楽しみ。

スマコネ編集部M

スマコネ編集部MSNSでリサーチするのが得意。興味があることはたくさんあるけれどなかなか挑戦できないのが悩み。

スマコネ編集部A

スマコネ編集部A仕事は楽しいけれど先輩に気を使うのがプチストレス。日々のストレスは、女子会で発散するも、最近は少し“人”疲れ気味…。

精神科医 名越康文先生 精神科医 名越康文先生

精神科医名越康文先生

テレビや雑誌等でも活躍!穏やかな人柄と、やさしくてフランクな語り口が人気です。

スマコネ編集部C

スマコネ読者の皆さんを代表して、働くアラサー女子のお悩みを相談しにきました!今日はよろしくお願いいたします!

名越お悩み相談所にようこそ〜!
みんな、ちゃんと睡眠はとれてますか?!

名越康文先生
スマコネ編集部C

ギクッ!いきなりのスルドイ質問ですね……

やっぱり……。
睡眠、運動、栄養、この3本柱は本当に大切!
これが揃っている人で悩んでいる人って僕はあんまり知らないなあ。

名越康文先生
スマコネ編集部C

わー!耳が痛いです……

お悩み1忙しいを口実に、規則正しい生活を送るのは諦め気味です。忙しいを口実に、規則正しい生活を送るのは諦め気味です。

読者の方にも、忙しすぎて睡眠時間がどうしても短い、運動もなかなかできない、食事ぐらいは出来るだけ気を使っているかな…という方も多いんじゃないかな。
季節の変化や、日々の不規則な出来事とかにも揺らがない自分をつくるためには、睡眠、運動、栄養の3本柱ってすごく大切なんです。
食事を少し気を使っているという方だったら、まずは睡眠時間か運動、どちらかを取り戻してください。1日10分でも身体を動かしたり、生活習慣を整えて、基本のルーティンワークを作っていくことを心がけてみてくださいね。特に午前中に運動しておくと、その日の夜にはぐっすり眠れる催眠ホルモンが出ることが確認されています。つまり一挙両得です。

スマコネ編集部C

全部はできないって諦めていたけれど、一つずつでも取り戻すっていうのは、なんだか出来る気がします…!ちょっとずつ心がけてみます。

そうそう、少しずつね!

名越康文先生

お悩み2仕事にプライベートに、ストレスが溜まっています…。解消法を知りたい!仕事にプライベートに、ストレスが溜まっています…。解消法を知りたい!

「ストレス」のほぼすべては、対人関係なんです。つまり、人に振り回されているということ。特に女性は共感性が高いから、他人の意見に影響を受けやすい。相手の言葉だけじゃなくて、表情とか返事の早さとか、些細なところもすごく気にしていたり。一方で、そういうことはあんまり気にせずにのほほんとしているタイプの人もいます。タイプが違うんです。

世の中の2割ぐらいの方が特に対人関係に過敏とも言われています。まずは、対人関係に対して、自分が過敏であるかどうかを自分で判定するって言うことは実はすごく大切。
そして、対人関係に過敏な人の根本にあるのが、自己評価の低さなんです。でも、そういう人に限って他人からの客観的な評価はやや高め。自分への評価が低いぶん、すごく頑張るからです。でも、完璧主義に陥っていて頑張りすぎるからいつもヘトヘト。そういう人が結構多い。月に1回でもいいので、グチを言い合える仲間と茶話会をしてください。お互いグチを言い合ったら、その後は褒め合う。相手から褒めてもらったことについては素直に受け入れようと決心することが大切です。

スマコネ編集部M

褒められると「お世辞かな」と疑ってしまっていました…。

これからは、素直に受け入れてくださいね。
みんながもっと、自分のことをきちんと知ってほしい!

名越康文先生

お悩み3自分に自信が持てなくてモヤモヤしています…自分に自信が持てなくてモヤモヤしています…

自分に自信が無い人の多くが、なりたい理想像を持っていないことが多いです。2年後、3年後、もっといえば10年後ぐらいの自分を描けること、これを自己理想というんですが、世の中の半分近い女性がこれを持てていない。
そういう人には月1回でいいので、30代の人は1つ、40代の人は2つ、なんらか習い事を始めてみてください。大体みんな完璧主義に陥っていると、自分のために時間を使うのが苦手なんです。でも、新しい所属ができると、別のところで加わったストレスを発散出来るし、なにより、触発される仲間や先輩の姿から、自分の未来像を作りやすくもなります。あの素敵な人はどうやって仕事と趣味を両立させてるんだろうとか、他者への興味がわいたり、憧れのサンプルに出会うこともあるだろうし、世界が広がります。
どんな習い事をしていいか分からないっていう人は、まず自分1人で過ごす“ソロタイム” を持つことから始めてください。1人の時間を大切にすることで、自分の身体の調子のこととか、自分が何をしたいのかが分かってきますよ。

メイクの時間とかも、実はソロタイムなんですよ。アイメイクのときとか、集中して無心になっていることあるでしょ。まずはそこから、15分だけ半身浴したり、30分散歩したり。自分のペースで少しずつ、ソロタイムを増やしてみてくださいね。

名越康文先生
スマコネ編集部A

ずっとやろうやろうと思っていたヨガ、始めてみます!

いいですね!本当に始める、実践するということがすごく大切です。帰り道にでもすぐ会員になってくださいね!

名越康文先生

スマコネ編集部

今日はありがとうございました。
モヤモヤが晴れた気がします!

ヒントになったならよかった!
のほほんと楽しく過ごすのが一番。

名越康文先生

名越お悩み相談所、いかがでしたか。
まずはこの秋、日々の自分の身体の調子や気分に耳を傾けることから、自分と向き合う時間を少しずつ増やしてみてはいかがでしょうか。秋の夜長に、小さな自分時間を、ぜひ楽しんでみてくださいね♪

教えてくださったのは、

精神科医・名越康文先生
臨床に携わる一方で、テレビやラジオでのコメンテーターや映画評論、女性誌での連載など多方面に活躍。近著に『SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』(夜間飛行)。https://twitter.com/nakoshiyasufumi
Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方