夏もすっきり!“落とす”ケアの徹底見直しで
夏の美髪を手に入れよう!

気温も湿度も上昇中!
今年も暑〜い夏がやってきます。汗をかくことで体温を調節していると分かっていても、ベタつきやニオイが気になりますよね。どうしても皮脂や汗の量も多くなる時期だからこそ、しっかり頭皮&ヘアのケアをしてみませんか?夏でもすっきり!な美髪を手に入れる方法をご紹介します。

夏の頭皮&ヘアのS.O.S!

汗や皮脂の分泌が増加!
もともと頭皮の皮脂線はTゾーンの2倍以上、汗腺は手のひらや足裏に次ぐ多さ。夏は、さらに分泌が増加するので、頭皮のニオイと髪の汚れに危険信号が?!
濡れた髪は無防備!
汗やプールなど、濡れた髪はキューティクルが剥がれやすく、パサつき、枝毛、切れ毛の原因になりやすくなることも!
頭皮まで洗えていますか?
ベタつきがちな頭皮の、洗い残しに要注意!髪がしっかり濡れていないとシャンプーの泡立ちが悪くなり、髪どうしがこすれやすい原因になります。

美髪を守るのは、
日々のシャンプー&ドライ!

頭皮&ヘアのケアで大切なのは、しっかり汚れを落とすこと!洗髪からドライまで、毎日のヘアケアを見直すことで解決します。正しいケアをおさらいしましょう!

Step1洗髪前に絡まりをとく

手ぐしあるいは目の粗いブラシやくしで絡まりをときます。濡れたときの髪の絡まりを防ぎ、洗いやすくなり、キューティクルのダメージを防ぎます。

Step2素洗い(すあらい)

シャンプーの前に、髪と頭皮の汚れをシャワーでしっかり洗い流す「素洗い」をしておくと大まかな髪表面の汚れを取り除くことができます。

十分に髪を濡らすことで、シャンプーの泡立ちUP!頭皮にまでシャンプーがしっかり行き渡りやすくなります。

Step3髪だけでなく、頭皮まで洗う

シャンプーはとろりとした原液のままではなく、少し水を含ませましょう。頭皮や髪全体にシャンプーがムラなく行き渡りやすくなります。

洗うときは、爪を立てずに指の腹を使いましょう。指の腹で頭皮全体をジグザグにマッサージするように洗います。耳の後ろやえり足、生え際などの洗い忘れに気を付けて、全体に行き渡らせます。

Step4泡を全体に行き渡らせ、
すすぎは十分に

すすぐ際は頭皮や髪に触れて、ヌルつきがなくなるまで丁寧にすすぎます。同じ体勢ですすぐと、すすぎ残しができやすいので、少しだけ首を傾けてえり足や耳の後ろまでしっかり洗いましょう。

上を向いてすすぐ方はえり足や背中、下を向いてすすぐ方は顔に、洗い流したシャンプーが付着しやすいので、すすぎ残しの無いように、しっかりすすぎましょう。
※トリートメントやコンディショナー、リンスも同様にすすぎましょう。

Step5洗ったらすぐに乾かす!

まずはタオルドライ。髪をタオルで包み込むように挟み、やさしくたたいて水分を取りましょう。頭皮はタオルを被って指の腹で水分を拭き取ります。タオルドライ後はドライヤーで根元からしっかり乾かすことが大切です。

髪が濡れている時は、キューティクルが剥がれやすい状態。タオルドライの時にこすってしまうと、髪の痛みやパサつきの原因になってしまいます。タオルでやさしくたたき水気を取り、すぐに乾かすことを心がけましょう!

毎日の習慣だからこそ、自分流で行いがちなヘアケア。改めて“正しいヘアケア”を見直してみると、新しい気づきがあるかもしれません。
1日の終わりに、毎日すっきり汚れを洗い流して、気持ちもさっぱり!頭皮からリフレッシュして、この夏はキレイな美髪をキープしましょう。

Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方