うるおいのモノサシ教えます!

STEP2]スキンケアのモノサシ

日々のスキンケアの疑問に役立つ「モノサシ」を見つける「うるおいのモノサシ教えます!」。
STEP2は実践編!うるおいレベルとスキンケア意識から、4つの肌グループに分類しておすすめのスキンケア方法をご紹介します。あなたのお肌はどのタイプ?

※ スキンケア意識は、ご自分の肌状態に合わせて重ねづけしたり量を減らすなど、こだわりを持ってスキンケアを行っているかどうかという軸で選んでください。

グループA 頑張り肌さん

  • スキンケアに使うアイテムが多い
  • 美意識の高さなら負けない!
  • 肌の乾燥が気になっている……
  • 肌水分33未満
とにかく補給!うるおいキープがカギ
肌状態に合わせてスキンケアアイテムを重ねづけしたり量を減らすなど、努力はしているけれど乾燥は気になる、美意識が高い「頑張り肌」さん。
このグループの傾向は、肌のキメが細かくつるんとしているのが長所!しかし皮脂量が少なかったり角層が薄かったり、水分をキープすることが難しいのが特徴です。
水分を蓄える力が弱めの肌グループなので、いつも使っている量よりも多めに化粧水や乳液を使いましょう。スキンケアアイテムを肌になじませた状態で測定したときに、72を超えることを目標に。
うるおいキープのひと工夫
  • 日中、乾燥が気になるときにはファンデーションの上からミストをかけて水分補給を
  • お化粧直しの前に乳液を薄くつけて保湿。
  • 特に乾燥する部分には重ね付け!
  • 日中の乾燥予防には化粧下地の使用がオススメ

ぴったりのスキンケアは…

閉じる

グループB やればできる肌さん

  • ケアしたいのはやまやま
  • でも忙しくて時間が取れない……
  • 職場などの環境が影響して、
    肌は乾燥気味
  • 肌水分33未満
ほんのひと手間でもOK!
乾燥は気になるものの、忙しさでなかなかお肌のケアには時間がとれない「やればできる肌」さん。
このグループの傾向は、もとの肌の水分量は少なめですが、ひと手間をかければ、すぐにうるおいを実感できるお肌!ただし、環境からの影響は受けやすいタイプです。
まずは今使っているアイテムの使用量を増やすことからスタート。さらにうるおいが足りないと感じる部分には重ね付けする、日中にミストでこまめな水分補給をするなど、時間をかけずにできることから取り入れてみましょう。
うるおいキープのひと工夫
  • 週に1回のローションマスクでうるおいをプラス
  • いつものお手入れに美容液やクリームなど、ワンアイテム加えてみる
  • スキンケアを保湿力の高いラインに切り替えてみることもオススメ

ぴったりのスキンケアは…

閉じる

グループC うるおい肌さん

  • これまで乾燥知らず
  • スキンケアにも余念なし!
  • 今後も維持するためには何をすれば?
  • 肌水分33以上
夜〜朝のうるおいキープを心がけて
もともと持っているお肌の水分量も多く、スキンケアへの意識も高い「うるおい肌」さん。
このグループの傾向は、水分量が多く、保湿もしっかり行っているため水分をキープしやすいこと。
就寝前のケア後と翌朝起きたときのうるおいレベルを比較して、しっかりとうるおいをキープできているかを確認してみましょう。
夜から朝にかけての時間帯は、1日の中でも水分蒸散量が多いため、最も乾燥すると言われています。数値が一番低くなりやすい朝、洗顔前に測定したときに、うるおいレベルを下回らないケアを心がけましょう。
うるおいキープのひと工夫
  • 普段、高い数値で安定していても肌の調子はささいなことで変化します。良い状態を保ち続けるためには、季節の変わり目のケアや生活習慣に気をつけることがポイント。
  • 周りの人達のうるおいレベルと比較するなど、楽しみながら測定してみてくださいね。

ぴったりのスキンケアは…

閉じる

グループD 健康肌さん

  • 特別なことは何もしてない
  • けど肌のトラブルは抱えたことがない
  • こまめにスキンケアするのは向いてないかも……
  • 肌水分33以上
季節や環境による数値の変動をチェック!
簡単なお手入れのみでも、高いうるおいレベルを保っている丈夫な「健康肌」さん。
このグループの傾向は、一般的に代謝が活発なこと。もとから持っている水分量が多く、環境には影響を受けやすいタイプです。
水分量が少なくなる朝や、夜のケア前でもうるおいレベルが33〜52をキープできているかをチェック。季節や環境によって数値は変動するので現状の肌がうるおっているからといって油断せず、さまざまなタイミングで測定してみましょう。
うるおいキープのひと工夫
  • 代謝が活発なので、角質が溜まりやすい傾向があります。丁寧なW洗顔でメイクアップ料や古い角質などを丁寧に落としてからの保湿を心がけましょう。

ぴったりのスキンケアは…

閉じる

POINTS

  • 自分の肌グループがわかったら、ぴったりのスキンケアを実践してみましょう。
  • どの肌グループの場合でも、ケア後は72以上、ケア前も33を下回らないようなケアを心がけましょう。
Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方