うるおいのモノサシ教えます!

STEP1]お肌のモノサシ

日々のスキンケアの疑問に役立つ「モノサシ」を見つける「うるおいのモノサシ教えます!」。
STEP1は基本編。肌水分ってどのくらいが適正なの?測るタイミングは?自分のお肌をよく知るための、スマコネの上手な使い方を解説します。

自分のうるおいを測ることでどんなメリットがあるの?

今のスキンケアで十分か、今日のお肌の調子はどうなんだろうといった、つい自分の感覚に頼ってしまいがちなお肌の状態を、“うるおいレベル”という数値で測ることが出来ます。
「ケアの成果」や「今の状態」を数値にして日々記録していくことで、調子が良くないのはどんなときか、そんなときに効果のあるケアは何かが分かるようになります。“うるおいレベル”というモノサシを持ち、自分のお肌についてよく知り、詳しくなることが、次のキレイにつながっていきます。

うるおいレベルに、適正や目安となる数字はあるの?

一般的に、水分を保つために必要なうるおいレベルは33〜52とされています(注)。しかし、ケア前のお肌の水分量には個人差があるので、この数値はあくまでも目安。もともとの数値の低さを気にする必要はありません。
大切なのは夜のスキンケアの前後で測定し、その2回のうるおいレベルを比較すること。数値がしっかりと上がるようなケアが出来ているかをチェックしましょう。
目安として、ケア後のうるおいレベルを72以上にできていれば、時間とともに水分量が減少しても、33より高い数値をキープしやすいとされています。
まずは、ケア前33以上、ケア後72以上という数値を一つの目標としてみましょう。

(注)カネボウ化粧品調べ

※ 肌水分センサーを肌に垂直に当てていなかったり、よごれが付着していると正しく測定できない場合があるため、ご注意ください。

カネボウ化粧品
化粧水ケア後の肌水分経時変化

いつ測ればいいの?

夜、メイクを落とす前と、スキンケアをした直後、この2回の測定値を比較することをおすすめしています。

スキンケア前のうるおいレベルは、自分の肌状態や調子の良し悪しを測る目安として、スキンケア後の数値では、お手入れが足りているか、自分に合っているかの手がかりとして参考にしてみてください。

まずは、お肌の調子がいつもより良いと感じるとき、悪いと感じるときに測定してみましょう。よく寝たときや好きな人と一緒にいたときなど、お肌の調子が良いときにどのくらいの数値になるのかを把握。その数値を知った上で、

  • 睡眠不足のとき
  • 日焼けをしたとき
  • 飲みすぎた後
  • 生理前 など

身体のコンディションが気になるときにもチェックを。あなたのお肌がピンチなときはどんなとき!?自分の特徴をつかむところからスタートしましょう。詳しい肌の傾向や、より正確な平均値を知るためには年2回、気温が高くうるおう夏と気温が低く乾燥しがちな冬に1週間測定すると、生活のリズムが分かりやすいのでオススメです。

POINTS

  • 自分の肌状態、特性を知りましょう。
  • うるおいの適正は一般的に33〜52!
  • ケア後は72以上、ケア前も33を下回らないようなケアを心がけましょう。
  • うるおいには個人差があります。大切なのはもともとの値ではなく、スキンケア後に数値を上げること、数値が下がりにくくなるケアをすることです。
  • まずは肌の調子が良いときや悪いとき、気になるときに測定し、自分の肌の特徴を知ることから始めましょう。
Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方