どうしてる? 忙しい毎日のスキンケア
[朝編]

限られた時間でケアからメイクまでこなさなければいけない朝のスキンケア。 スマコネルーラーのスキンケア事情を確かめるべく、アンケートを実施。
意見が大きく2つに割れたスキンケア方法を、編集部がスマコネを使って比較してみました! あなたにとって“より正しい”方法はどっち!?

洗顔料は

  • 使う
  • 使わない

使う派

  • しっかり泡立てた洗顔で丁寧に洗う(40代・肌水分53以上) 
  • 洗顔料を使って洗顔する(40代・肌水分33-52) 
  • 低刺激の洗顔石鹸で洗顔する(30代・肌水分53以上) 
  • 泡立てネットを使ってモコモコの泡たっぷりで洗う(40代・肌水分53以上)

使わない派

  • 水で洗顔 洗顔料は使わない(40代・肌水分53以上)
  • 顔を洗うときは洗顔料を使わず水のみ(20代・肌水分 不明)
  • 朝起きて水で顔を洗う(50代・肌水分33-52)

毎朝かかせない朝一番の洗顔。
スマコネルーラーは洗顔料を使う派・使わない派がいることが判明!
全体的には洗顔料を使う方が多いものの、朝は使わないというこだわりの声も少なくありません。
さて実際のところ、うるおいレベルが高いのはどっち!? 編集部で実践してみました!

REPORT編集部 実践レポート

スマコネ

洗顔料を使った洗顔を実践!

まずは洗顔料を使った洗顔。しっかり角が立つまで泡立てて、泡で顔全体を撫でるように、優しく丁寧に洗顔していきます。

角が立った泡のきめの細やかさに感動〜 編集部員M.S.
結果

起きてすぐ69→洗顔後60→化粧水・乳液ケア後82

普段は水洗顔派の編集部員M.S.が実践! 久々の洗顔料での洗顔は想像していたより乾燥は感じず、すっきり洗えている感触がありつつも、逆にうるおいは残って大満足。洗顔後もしっかり潤い、ケア後の数値は逆に高めに!

洗顔料をつかわずに洗顔を実践!

意外と多かった水のみで洗顔。編集部員M.S.にとっては、いつも通りの洗顔法。

パパッと洗えて、いつものさっぱり感!! by編集部員M.S.
結果

起きてすぐ66→洗顔後39→化粧水・乳液ケア後83

水で洗顔すると、一気にうるおいレベルは39に! 水で洗い流すだけでもうるおいは奪われていることを数値で実感。しかし化粧水と乳液のケアで83に。ダブル保湿で問題はなさそう。

実験のまとめ

乾燥を気にして水のみで洗顔しているという声が目立ったにも関わらず、洗顔料を使ったほうが洗顔後のうるおいレベルは高いという驚きの結果に!
基本のケア後のうるおいではどちらも同水準に戻ったので一安心。洗顔後のケアまで含めてのスキンケアが大切ということを改めて実感しました。
自分にあった好みの洗顔をしたあとに、しっかりケアして、トータルでお肌のバランスを整えるのが吉かも。

※レポートはあくまで編集部個人の体験、感想です。実際の効果には個人差があります。

実験の結果は…?ひらく

閉じる

洗顔するのは?

  • ぬるま湯
  • 冷水

ぬるま湯派

  • 朝の洗顔は、ぬるま湯で泡洗顔しています(30代・肌水分 不明)
  • 肌を触ってべたついていたらぬるま湯(20代・肌水分33-52)

冷水派

  • 朝洗顔の最後は水で10回すすぎをする(30代・肌水分53以上)
  • 水で洗顔する(20代・肌水分32以下)

洗顔の温度ひとつとってもスマコネルーラーのこだわりは止まらない!
ぬるま湯と冷水、どちらも効果があるとは言われていますが、うるおいレベルにはどのような影響があるのでしょうか。引き続き編集部が実験します!

REPORT編集部 実践レポート

スマコネ

ぬるま湯洗顔 を実践!

まずは40度弱の人肌より温かいくらいのお湯で洗顔します! 洗顔料をしっかり泡立てて、ぬるま湯ですすぎます。

温かくて落ち着く〜 編集部U.A.
結果

洗顔後66

今回は、普段からぬるま湯洗顔派の編集部U.A.が実戦! いつも通りのぬるま湯洗顔は、肌に優しくなじむぬるま湯でゆっくりしっかりと洗顔ができたのでベタつきもなくさっぱりの仕上がり。洗顔後も大きく数値は下がらず、予想通りの結果といったところ。

冷水洗顔を実践!

目の覚めるような水での洗顔。洗顔料をしっかり泡立てて、何度も軽くたたくようにすすぎます。

一気に目覚める感じが、ちょっとクセになりそうです 編集部U.A.
結果

洗顔後69

うるおいレベルこそあまり変化はなかったけれど、洗い終わった気分は全く別物。洗い流す、というより気持ちもお肌も引き締まりました! 朝イチの気分をリフレッシュしてくれる感じにハマりそうです。

実験のまとめ

うるおいレベルにはあまり影響がない結果に!
ベタつきをとりたい方はお湯で、すっきり目をさましたいなら水での洗顔がオススメです。個人的な感想では、お湯で洗うとお肌が柔らかく、水のときはハリがでました。

※レポートはあくまで編集部個人の体験、感想です。実際の効果には個人差があります。

実験の結果は…?ひらく

閉じる

化粧水は?

  • コットンでつける
  • 手でつける

コットンでつける派

  • 化粧水はコットンでたっぷり優しくつける(40代・肌水分53以上)
  • コットンで化粧水をつけたあと、そのコットンをマスクにする(50代・肌水分 不明)
  • 化粧水はコットンでしっかりと(30代・肌水分53以上)

手でつける派

  • 化粧水を、手に肌がはりつくまでつける(30代・肌水分33-52)
  • 手でゆっくりを押し込む。時間をかける(40代・肌水分33-52)

パックにもなるコットンのほうが意外にもムダがない? 手につけたほうが肌に優しい!? 理由やご意見はさまざま。さて同じ化粧水、同じ使用量でうるおいレベルが上がる・持続するのは一体どっち!? 正々堂々勝負します。

REPORT編集部 実践レポート

スマコネ

コットンでつける化粧水を実践!

コットンに化粧水を2プッシュ。普段は手でつける派の編集部M.S.が実践。これで顔全体のケアは足りちゃうの!? と、少し不安を抱きつつチャレンジ。

今日は丁寧にお手入れ出来てる〜!と実感 編集部員M.S.
結果

ケア前55→ケア後81

しっかり化粧品がしみ込んだコットンでのケアは、手でつけるよりもじっくり丁寧に細部まで意識することができた、という印象。目元や口元もなどまで、丁寧にお手入れ出来た満足感がありました!

手でつける化粧水を実践!

たっぷりの化粧水で、手の平から直接お肌へ。両手全体で覆うようにケアします。

自分の手のぬくもりを使って・・・編集部員M.S.
結果

ケア前55→ケア後82

しっかり顔全体になじませてケアすれば、手でのケアでも十分に潤うのだなと実感! でも時間がない日は、あんまりなじませる時間無くて、急いでピシャッ! としてしまうことも……。きちんと肌に収めることが大切だなあと反省しました。

実験のまとめ

一分一秒を争う朝。正直言うと、コットンに出してしっかりケアをちょっと面倒と思ってしまいました……。しかし、やっぱりケア力は絶大! 指ではつけにくい目元や口元もコットンならば軽く拭くようにしてケア可能。気になる方は、コットンがオススメです。
あと、普段通りの2プッシュで顔全体のケアが十分出来ていたので、「化粧水、ちょっと使い過ぎかな?」という不安が晴れて安心しました。

※レポートはあくまで編集部個人の体験、感想です。実際の効果には個人差があります。

実験の結果は…?ひらく

閉じる

みなさまからいただいたアンケートから生まれた、気になるスキンケアの2択。今回はその“朝編”を、編集部がスマコネを使って実際に比較してみました。
たくさんの美容情報があふれるいま。いろんな有益な情報がすぐに手に入りますが、肝心なのは、どの方法が自分に合っているの?ということ。
そんなときこそ「すぐ」「簡単に」「数字で比較できる」スマコネを活用してみてはいかがでしょう。
自分にはどんなケアが合っているのかの判断・選択には、感覚や好みももちろんですが、「うるおいレベル」もひとつの基準としてみてくださいね!

Donwload on the AppStore
GET IT ON Google Play

スマイルコネクト

毎日のお手入れが楽しくなる情報が満載。いますぐアプリをチェック!

ダウンロード済みの方/新規ダウンロードの方